胃癌ってどんな病気?

胃がんの症状

胃がんの症状

胃壁

 

胃壁の層は、粘膜層(M)、粘膜下層(SM)、固有筋層(MP)、
漿膜下層(SS)、漿膜(S)の5層に区分されます。

 

粘膜層からがんが発生すると、粘膜筋板(MM)を破って
粘膜下層〜漿膜へと浸潤します。

 

粘膜下層まで浸潤するとリンパ節転移の可能性が出てきます。

 

さらに漿膜にまで浸潤すると腹腔内にがん細胞が散布(腹膜播種(ふくまくはしゅ))されたり、
隣接臓器に浸潤してしまう可能性が出てきます。

 

・早期胃がんとは

 

早期胃がんとは、がんの浸潤が粘膜下層(SM)までにとどまっているものです。

 

・進行胃がんとは

 

進行胃がんとは、がんの浸潤が固有筋層よりも深いものをいいます。

 

 

早期胃がんの半数は、自覚症状がなく、
他覚症状も殆どありません。

 

胃がんの自覚症状

 

心窩部痛(しんかぶつう)、腹部膨満感、胸やけ、嘔吐、食欲不振、
背部痛、口臭など。

 

病気が進行すると、体重減少、貧血、嚥下困難、疲労感などが現れます。

 

胃がんの他覚症状

 

進行胃がんは、上腹部に凹凸不整で、固い腫瘤に触れます。

 

さらに進行すると腹水貯留、鎖骨骨上にVirchow転移、
直腸診でSchnitzler転移を認めることもあります。